「ほっ」と。キャンペーン

奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0186039_22305747.jpg


2010年11月28日

きのうの
地球小屋での時間をゆっくりふりかえっています。

お越しくださいましたみなさま
ありがとうございました。

この日の小屋も
「いつもの小屋」でした。

c0186039_22331242.jpg


あおい空のした
tipiさんと
たき火でお湯をわかして
ゆるっとお話しをして
じっくりとお話しをして。

c0186039_22423161.jpg


ひとりのときは
ブランケットをしいて
大の字でねころんだりもして。

癒草さんの
青空ハンドマッサージもしていただけて。

c0186039_22341078.jpg


小屋での空気を
思う存分あじわっていました。

この場所の空気はいつもかわらない。

ひろくて

のんびりとしていて

ぽかぽかとあたたかくて

わたしは
おおきなこの場所で
いつもつつみこんでもらえていました。

どんなときも
小屋は手をさしのべてくれて

月にいちどの小屋の日が
それはそれはたのしくてうれしくて。
自分をとりもどせる
時間なのでした。

わたしにとってなくてはならなかった大切なとき。

そんなふうにして
昨年の4月からはじまった
月にいちどの畑のなかの農機具小屋の時間でしたが
来年から
ペースをすこし変えて
小屋とむきあってかかわっていくことになりそうです。

来月
地球小屋に伺う
12月23日の木曜日(祝日)で
ひと区切り。

いままでつみかさねてきた小屋での時間を胸に
またいっぽをふみだしていくのです。

この日の小屋も
ほんとうに癒された時間なのでした。

ありがとうございました。
[PR]
by ekobaco | 2010-11-28 22:19
c0186039_1035237.jpg

2010年11月25日

あさって
27日は
地球小屋のひ。

いろいろなことを前向きに考えることができるこの場所で

どようび
お待ちしています。


お天気もよさそう。

たくさんのみなさまにお会いできますように。

画像は
イエ(自宅)からの散歩道。

遠いところまで絶景の紅葉を楽しみにいくのもいいけれど
すぐちかくに落ちている
秋のかけらたちをみつけるのがすきです。

あさっての地球小屋でも
たくさんみつかりますように。
[PR]
by ekobaco | 2010-11-25 10:31

がんばる若者たち。

c0186039_21292824.jpg


2010年11月23日。

さいきんのわたしは
じぶんよりお若い方と出会って
お話しをすることが多いです。

・・・ってそれって
人生を折り返し始めて
わたしよりお若い方のほうが多い年齢に
なってるからでしょってつっこみを頂きそうなのですが^^;

さいきん特になのですが
じぶんはこれってものをもっていて
つたえたいもの
表現したいものがわかりやすくて
そんなお若い可能性あふれる方と
出会うことが多くなってきました。

瞳がきらきら
まっすぐなのだけど
少々不安なきもちもあって
ときどきたちどまって
迷って

おはなしをしているうちに
このひとはこんなことをすればいいのにって
ひらめくことがあります。

そんな方に
きっかけをつくってあげたい
背中をおしてあげたい
ひかりをあててあげたい
彼らのよさをひきだしてあげたい。
すなおにそう思う自分がいます。

いまの
わたしの使命なのかも・・・と思うのはおおげさですね^^;


わたしが
応援してあげたいなって思う若者たちには
共通点があるように思います。
言葉ではなかなか表現しにくいのだけど
ひとことで言うと
そのひとのまわりにただよっている
「空気」のようなものなのではないのかなと思います。


そして
わたしだって
骨董・古物業界の先輩がたからみれば
まだまだ駆け出し者の若者で
たくさんのことを教わって
たくさんのことを助言いただいて

そんなふうに
時代はめぐりめぐっていくんだなって
思っていた今日の日なのでした。
[PR]
by ekobaco | 2010-11-23 21:30

うけとる、あたえる。

c0186039_10471760.jpg


2010年11月19日

ここ数日
ふらりといろいろなところにいくと

その場所で偶然はじめて出会ったひとが
身につけていたもので
お話しがとってもはずんだり

その場所でおこるできごとが
むかしのわたしの原点を思いおこせるものだったり

その場所でのおもてなしが
とてもこころあたたまるものだったり

そういうことをかんじることで
またあたらしいできごとにであえて


そして
こんなことをしたいなっておはなしをしていると
そんなことをしているひとが
やってきてくれます。

そんな目にみえない力のようなものに
わたしは導いていただいているような。

そして
それをいただくだけではなくて
誰かにあたえていくことで
またつながっていくものなんだなって思えている
今日この頃なのでした。

なんだかあいまいすぎてむずかしいですね・・・^^;
[PR]
by ekobaco | 2010-11-19 10:43

冷えとりガール。

c0186039_1015857.jpg


2010年11月17日

11月のおうちのとびらを
いったんしめて
すこしのんびり・・・

・・・できたのも
束の間で

仕入れに
つぎの準備に
打ち合わせにと
あっちこっちうろうろと徘徊しております^^;

ことしの秋冬の
meguのテーマは
ずばり「冷えとり」

先月に
本屋さんで
ナチュリラ別冊
「冷えとりガールのスタイルブック」をみつけてしまい
即買いしてしまいました。
(ガールって年齢でもないんですけど・・と自分で自分をつっこみながら^^;)

c0186039_2141564.jpg


冷えって
冬だけのものではなくて
いちねんの間ずっと。

冷えは万病の大敵であること
冷えるとこころにもよくないこと

もちろん服装だけではなくて
暮らしのあちこちで
冷えとりの生活がだいじで

半身浴
湯たんぽ
からだをあたためる食べ物のこと
そのほかにも
うなずくところがたくさんありました。

この本では
基本の重ね履き4枚靴下をおすすめしていました。
肌に触れるところから順番に
絹の5本指靴下、綿の5本指靴下、絹の丸指靴下、綿の丸指靴下(最後は化繊でもいい)

スパッツ(レギンス)も
2枚重ね。
(こっちも肌にふれるところから絹素材、綿素材)となっていました。

この本には
靴下ならなんでもいいわけではなく
絹素材が体の毒素をだして吸収してくれるんですって。

しかしながら
現在わたしはあるもので^^;
(けっこうお値段がはるんです・・・だけど近々かならず買う宣言。)

イエのたんすに眠っている
普通の靴下(丸指)を4枚重ね
スパッツも2枚重ね
レッグウォーマーをつけて

本に出て来る冷えとり初心者の方たちの
季節のおしゃれな重ね着スタイルも
とっても参考になりました。
みんなとってもかわいいのです~^^

10代とか20代のとき
母に「そんな薄着して~」とよくいわれたものでしたが
薄着こそおしゃれだと思っていた当時

いまは
お若い方から
冷えとりをしておしゃれに健康に目を向ける。
素敵^^
勉強させていただきました。

生きてきた年数が長いからってことではなく
ひとは誰からでもなにかを学べる
のではないかなと思います。

そんなふうに
気持ちをやわらかくしておきたい

meguは
ただいま「冷えとりガール」です^^
[PR]
by ekobaco | 2010-11-17 10:15 | 「暮らしのなか」の箱

11月のおしらせです。

2010年11月の恵古箱の予定です。

1日のげつようびから
14日のにちようびまで
「恵古箱のおうち」のとびらをあけております。

21日のにちようび
「恵古箱のおうち」にkicciさんがきてくださいます。
いちにちだけの
「kicciの出張カフェ」です。

27日のどようび
京都府木津川市にあります
Beeがあでん内地球小屋に出店いたします。


たくさんのみなさまにお会いできることを楽しみにしています。
[PR]
by ekobaco | 2010-11-02 01:47