「ほっ」と。キャンペーン

奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ちがった景色。

2010年8月22日

きのうの
「夕涼み市」は
急遽場所を変更

エトセトラさんも夏休み中だし
こっちで一緒にやろうよ~^^
ってお声をかけていただき

K3factoryさんの小屋と
キャンプハコリエさんの小屋の前で
出店させていただくことになりました。

ちょっと暑さもやわらいできた頃からの出店
きもちいい~^^
空の色も涼しげです。

c0186039_2250137.jpg



ここからだと
グリちゃんのトラックが
こんなにちかくにみえる^^
c0186039_22491183.jpg


K3さん作のつるで編んだ扇風機
ちゃんと動くんですよ~
c0186039_22503148.jpg


ハコリエさんの蚊取り線香
c0186039_22514115.jpg


夏のお外を楽しむ
ちいさな工夫と
おおきな優しさ

グリカフェさんのお店先
c0186039_22531442.jpg


c0186039_22541448.jpg



いつもとちがう場所で
いつもとちがう時間
いつもとちがう景色

夕暮れ
ちいさな灯り。
風にゆらゆら
とってもきれいでした。
c0186039_236178.jpg


こんな日もいいなぁ。

とても新鮮なきもちになれました。

お越しくださったみなさま

小屋のみんな

この日もたくさんありがとうございました。



+追加。あやしいセクハラおやじの巻+

みなさん
どうかマネをしないようにおねがいします。。。><
c0186039_2323499.jpg


かわいい女の子がいらっしゃる保護者のみなさま
要注意人物です^^;
c0186039_232519.jpg

[PR]
by ekobaco | 2010-08-22 23:08 | 「お店のこと」の箱

夕涼み市。


c0186039_2059685.jpg

2010年8月21日のどようびは

月に1度の
畑のなかの農機具小屋の日です。

今回は
「夕涼み」

ちょっと時間もゆっくり
涼しい風をかんじながら
のんびりした時間はいかがでしょうか。

畑でみる
夕焼け空
きっときれいですよ^^

午後3時から7時まで
京都府木津川市にあります
Beeがあでん貸し農園内にあります
いちばん奥の小屋
地球小屋tipiさんで
古道具をならべて
お待ちしています^^
[PR]
by ekobaco | 2010-08-21 20:51 | 「お店のこと」の箱
c0186039_20455485.jpg


2010年8月18日

おもいがけない
うれしい集まりにおよばれいただきました。

パンと
スープと
サラダと

たのしい会話
みんなの笑顔。

おなかいっぱい。

気持ちもいっぱい。

ありがとうございました。

がんばってる女性は素敵です。
わたしも彼女のように
明るくて元気で
まわりのひとみんなを笑顔にできる人になりたい。
[PR]
by ekobaco | 2010-08-18 20:51 | 「だいすきな人」の箱

いい距離で。

c0186039_2217492.jpg


2010年8月16日

人と人には
いい距離が必要だと思うのです。


たとえば

出会って
言葉をかわして
話をして

友達になって

特別になって

だけど
年月がすぎて
特別な関係でいられなくなったとき

きっぱり
いままでの縁を切るのではなくて

あたらしい距離で
いい関係を築けるような
人と人になっていきたい。

その人とのいままでの関係
その人とのこれからの関係

すべてを「過去のもの」にするのではなく
すべてを「今のもの」に。

そんなふうなかかわり方をしていきたい。

いまも
これからも。

たいせつなひとであればあるほど
そんなふうに思うのです。

ずっと「普通のひと」で
ずっと「特別なひと」で。


この先
わたしもそんなふうにおもわれるような人になっていきたいです。
[PR]
by ekobaco | 2010-08-16 22:35 | 「暮らしのなか」の箱
c0186039_19233756.jpg


2010年8月15日

このくらいの時期は
気持ちがおもくなるような特集ばかり。

数日前は
日航機墜落事故から25年

25年前
高校生だったわたし
夏休みまっさいちゅうだったあの頃
めんどくさい~
いきたくない~って
数日後の学校登校日

この飛行機に
わたしの学校の先生も乗っていたことを知らされる。

若い女性の体育の先生で
教えてもらったこともあった
だいすきな先生で。

両親と婚約者を残して。


そしてきょうは
終戦から65年。

いろいろな番組で特集をやっていたけど

指導者をしていたとき
特攻隊の方のご家族にあてたお手紙や戦闘服や大切な資料などを展示されてあるところに
引率して行ったことがあって

行きの燃料と爆弾を積んで
お国のために自滅する。


愛するひとが
愛する息子が

まだまだ未来と可能性のある少年たちが
お国のために。

「いってらっしゃい。」と笑顔で送りださなければいけない女の気持ち。

もしわたしが
あの時代に生きていたら
どんなふうに思うんだろう。

お国のために命を捨てた、捨てなくてはいけなかった彼らは
65年後のいまの日本をみたらどう思うのだろう。

ちょっといろいろかんがえています。



「こころのなかにちいさな平和を。」

ずっとだいすきな作家さん
廣瀬裕子さんの本のなかの言葉です。


ちいさなわたしにできることってなんだろう。
[PR]
by ekobaco | 2010-08-15 19:27
c0186039_14481928.jpg


2010年8月12日

さいきんはじめた
ちいさな儀式。

朝めざめて
気持ちをおちつかせて
ちいさな本をひらきます。

ひらいたページが
きょうのわたしの言葉。

ゆっくりゆっくり
頭と心にいれます。


きょうのわたしは

「よろこび」

いつでも
なんでも
すべてをよろこびにかえる工夫をすることを楽しみましょう。


先日
みつけた
この本

まえからほしいなっておもっていた本を
思いがけずみつけることができました。

中森じゅあんさんの
「天使のメッセージ」

イエ(自宅)から車で5分の場所
カフェファンチャーナさんで開催中の
旅する古本屋 ぼちぼち堂さんセレクトの一冊です。


この本をもって

あしたから
里帰り
お墓参り

そして
ひさしぶりに
弟とふたりで飲みあかす約束をしています^^
[PR]
by ekobaco | 2010-08-12 14:35