奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


あたらしいブログをはじめました。

恵古箱のおうち。
http://ekobacouti.exblog.jp

またちがった内容になるかと思います。

まだまだ未完成なのですが
どうぞよろしくおねがいいたします。

megu
[PR]
by ekobaco | 2010-02-28 00:00 | 「お店のこと」の箱

たいせつなひとには。

c0186039_2259341.jpg


2010年2月23日

いいことばかりではなく
そうではない言いにくいことを
言葉をきちんと選んで
言ってくれたり
教えてくれるひと

自分のことをほんとうに思っていてくれるからこその言葉。

優しいなかの厳しさ
厳しいなかの優しさ

そんなひとこそが
自分のほんとうにたいせつなひと。

そして
わたしも
自分のほんとうにたいせつなひとに
そうでありたいと思うのです。
[PR]
by ekobaco | 2010-02-23 22:59 | 「だいすきな人」の箱

お城。

2010年2月17日。

先日
わたしのお友達が営んでいる
和菓子屋さんが残念なことにお店をたたんでしまいました。

お引越しやその他のこと
ほんとうにすこしだけなのだけど
できることをお手伝いさせていただいて

きのう
あたらしいおうちにおよばれ
いままでのお礼にって
お昼ごはんのおもてなしをしてくれました。

前に住んでいた場所よりちいさくてせまいおうち。
さぞ落ち込んでいるだろうって想像を
きもちよく裏切ってくれました。

彼女は
とってもあかるくてにこにこしているのです。

聞けば
結婚してずっとお店のことで忙しくしていたから
今はじめて主婦らしいことをしているらしく
新聞のチラシをみて
スーパーに買い物にいってお料理をしたり
家にお友達をよんでお話したり
子供たちとむきあってる今の時間が
とってもしあわせなんですって。

彼女の
能天気なほどの明るさ
もちろん半分はわたしに心配かけないようにって無理をしてると思う。

どんな状況にあっても
いまを前向きにかんがえられる彼女。

彼女の作ってくれたあたたかいごはんとおしゃべりで
わたしのほうが元気をもらって帰ってきたのでした。

彼女は
あたらしいおうちのことを
「はじめてできたわたしのお城」っていいました。
すごい。
素敵。

あらためて彼女のことが好きになりました。
[PR]
by ekobaco | 2010-02-17 21:24 | 「だいすきな人」の箱

たのしい小屋時間。

2010年2月14日

きのうの月に1度の小屋。

あたたかい日差し
だけど
つめたい風

きのうの地球小屋は
そんなつめたい風などわすれさせてくれるような
たくさんのひとたち。
そして
「お姫さまの園」となった地球小屋^^
たくさんの姫たちが
小屋のなかを笑顔にしてくれました。

こどもたちが天使なんだってイメージから
天使のイベントを企画された葉子さん
あなた自身が天使のようでしたよ^^
天使の本の言葉、すごく素敵でした。
音楽も。

あらためて
この小屋は
いろいろなことをすべてうけいれてくれる場所でした。

自分がわからなくなっているときでも
そこにいる誰かの言葉がヒントになる
きのうのわたしはまさにそんな日なのでした。

ありがとうございました。
[PR]
by ekobaco | 2010-02-14 19:40 | 「お店のこと」の箱

週末は小屋で。

c0186039_1583489.jpg


2010年2月13日
どようびは

月にいちどの畑の農機具小屋の日。
今回はfu-raさんとごいっしょで
いつもよりやわらかいやさしい空気がながれそうです。
fu-raさんよろしくおねがいいたします^^

そして
今回は
あの小屋でも
あの小屋でも
たのしい催しがあるんですよ^^

K3工房での
「天使」をテーマにした企画展にこころひかれているわたし。
いろいろなものでつくられている「天使」をゆっくりみたいなと思っています。

わたしは
いちばんおくの農機具小屋におります。
今週は比較的あたたかいとの予報ですが
どうぞあたたかくしておいでくださいね。
こころよりお待ちしています。
[PR]
by ekobaco | 2010-02-09 01:59 | 「お店のこと」の箱

やっと。

2010年2月2日

インターネットの環境が無事にととのい
やっとブログもできるようになりました。
メールをいただいておりましたたくさんのみなさま
ほんとうにご迷惑をおかけいたしました。

パソコンから離れていた数週間。

あのひとどうしてるかな
このひとなにしてるんだろう
そんなふうに思うこともあったけれど

ふしぎと不安もあせりもなくて
いまのわたしにできることをって思えている自分がいました。


すこし前のふりかえりになりますが
先月の30日と31日の
Relishさんでの企画展
「恵古箱の古道具市ー睦月ー」には
ブログでのお知らせもままならなかったにもかかわらず
たくさんのみなさまにお越しいただきまして
ほんとうにありがとうございました。

c0186039_205641.jpg


初日10分前から
お待ちいただいていた方から

男性おひとりの方
お友達同士で
ご夫婦で
カップルで
親子で

いつものお顔
おひさしぶりの再会のお顔も。

ゆっくりじっくりと
古道具をごらんいただいてるお姿。

「恵古箱さんの選ぶ古道具たちはどこかあたたかくてやさしいんですよね。」
「ずっとみていたくなるし懐かしい気持ちになれるんです。」
Relishさんから言っていただいたお言葉が
今もずっと残っています。

とてもとても楽しかった2日間でした。
次のRelishさんでの企画展の日程もきまりました。

お越しくださったみなさま
DMをおいてくださったたくさんのお店さま
Relishさま

ほんとうにありがとうございました。


+meguからのおしらせ+

あたらしいブログをはじめます。
あしたにはきちんとご報告できるように準備をすすめています。
もう少々お待ちくださいね。
[PR]
by ekobaco | 2010-02-02 20:55 | 「お店のこと」の箱