奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

c0186039_17582114.jpg


2009年12月31日。

もうすぐ
ことしもおわりなのですね。

ことしも
ほんとうに素敵な1年でした。

たくさんのおきゃくさま
たくさんのお店さま
それ以外でも
たくさんの素敵な出会いがあって

もちろん
前から出会っていた方やお店さまと
前よりずっとずっと深くなれて。

ありがとうって気持ちでいっぱいなのです。

今年
お店の名前をかえて
やっていきたいことの方向性が
確かにみえてきているって思えています。

とてもたくさんの場所に伺うことができて
いくつもの新しいことにも挑戦ができました。

こうやって
一年のことをふりかえって
おだやかにしめくくることができている

とてもしあわせです。

みなさま
今年一年ほんとうにありがとうございました。

どうぞよいお年をおすごしください。

そして
みなさまにとって
あたらしいはじまりが
すばらしいものになりますように^^

恵古箱 (エコバコ)
megu


+meguの2010年のこと+

来年
2010年

・・・といっても
もう数時間後なのですよね。

いくつかの企画展のご依頼や
本の取材のお話もいただいていて
打ち合わせをすすめていきます。
ちいさな車で活動している移動古道具屋のことを
気にとめていただいてほんとうにありがとうございます。

移動販売をはじめて
きがつけば
もう5年半。

原点をわすれることなく
ぶれることなく
わたしがわたしでいられるようなことを
はじめていきたいと思っています。

来年
あたたかくなった頃にはじめられるように。。。
こちらでもすこしずつご報告していきたいと思っています。
[PR]
by ekobaco | 2009-12-31 17:58 | 「お店のこと」の箱

いままでありがとう。

c0186039_10334323.jpg


2009年12月27日

にちようびの朝に
数年間お世話になったこの倉庫とさよなら。

この場所で
いっぱいの古いものをしまい
ひとつひとつきれいにして
準備して
いろいろなところにむかって

ちいさなちいさな場所だったはず

だけど
思ったよりひろくかんじられた。

そうだった
なにもなかった
ここからはじまったんだなぁ。

いままでありがとう。

こんどの倉庫は
もうすこしひろいところ。
[PR]
by ekobaco | 2009-12-27 10:36 | 「お店のこと」の箱

聖夜にひとり想うこと。

c0186039_219479.jpg


2009年12月24日

今年さいごのイベント
モーネ工房さんの「箱市」では
たくさんの素敵な箱を拝見し
楽しんだと同時に
わたし自身のことでもいろいろ思うことがあり
また勉強をさせていただきました。

お越しくださいましたみなさま
ありがとうございました。

2009年の恵古箱の活動納めとなり
ゆっくりからだをやすめようと
こたつのなかで
ひさしぶりの二度寝ができました。

きょうはクリスマスイブなのですね。
数日前までとっても寒く
奈良県でも雪が舞っていた日もあったのに
今日はあたたかないちにちだったように思います。

あしたの午後は
ひさしぶりに母とふたりでお食事をするのです。
母のおしゃべりを聞き(たぶんこれがほとんど^^;)
わたしの近況も話せたら話して

いろいろなことがあっても
いまこうやって元気でいられるのは
母がわたしを産んでくれたからなのですよね。
近くにい過ぎないで
ちょうどいい距離でいられてるからわかること
きっとあります。

手をのばせば
手をさしのべてくれる
近すぎず
遠すぎない
そんなちょうどいい場所にいてくれるひと
会わなくても
ずっといっしょにいなくても
なんだかわかるひと
そんなひとのことをこれからも大事にしたいと思っています。

今日は聖夜。
サンタさんに「○○をください」って
お願い事をしていた頃にはもうもどれないけど

おとなになれば
自分の気持ちひとつで
どんな願いをも叶えていくことができるって信じています。

健康なからだと
健康なきもちで

前を向いて一歩ずつです^^
[PR]
by ekobaco | 2009-12-24 20:46 | 「お店のこと」の箱

「箱市」

2009年12月22日(火)・23日(水・祝日)
11時から17時まで

京都市にあります
モーネ工房さんの「箱市」に参加させていただきます。

きょう
搬入にいってきました。

革のトランクのなかに
和の古道具をあれこれ。

今回は
箱をお預けして
販売などの運営はモーネ工房さんが請け負ってくださいます。

わたしは2日目(最終日)に
みなさんのすてきな箱の中をのぞきにいこうと思っています。

モーネ工房さん
とても素敵なだいすきな場所です。
[PR]
by ekobaco | 2009-12-23 00:00 | 「お店のこと」の箱


2009年12月21日

パソコンの調子がわるくて
すこしおそいふりかえりになっています。

このあいだのどようびの
ことしさいごの「畑のなかで・・・」

ほんとうにさむくて
風がつよくて

だけど
冬うまれのせいかもしれないのだけど
わたしはこのぴりっとした空気がだいすき。
そして
つぎからつぎへと
たくさんのおきゃくさま。

焚き火
お野菜
カラーリーディング
そしてふるいもの

みなさんよくご存知のとおり
この貸し農園には
たくさんの素敵な小屋があります。
それぞれの小屋は
個性的で。
たのしくて。
笑顔で。
やさしい。

そして
わたしが4月から月に1度かよっている
いちばん奥の
この農機具小屋。

わたしは
この春から
季節ごとに変わっていく
いろいろな風景をみて
いろいろな気持ちになって

そしてこの日も
不思議な不思議なこの場所で
ことしさいごのいちにちを
楽しんできました。

さむいなか
お越しくださいましたみなさん

小屋のメンバーのみなさん

ことしいちねんお世話になりました。
ほんとうにありがとうございました。

らいねんも
この場所で
みんなが笑顔で
みんながしあわせで
たのしいことがありますように。
[PR]
by ekobaco | 2009-12-21 21:29 | 「お店のこと」の箱
c0186039_2232572.jpg


2009年12月19日のどようびは

京都府木津川市にあります
Beeがあでん貸し農園内のなかにある
畑の農機具小屋「地球小屋tipi」さんの日です。

ことし最後の
農機具小屋でのいちにち。

わたしにとって
とてもたいせつなひなのです。

ゆっくりとした時間のなか
畑のなかでできることを楽しみたい。
いつもそんな気持ちなのです。

今回は
あの場所にふさわしいものの代表といいたくなる
「さびたものたち」を多めに持っていくつもりです。

その場所その場所のもつ空気や
イメージにあわせたものえらび

そんなことをかんがえるのがとても楽しい。

畑は
わたしにとって自由になれる場所。

みなさんにとっても
そんな場所でありますように。

そして
みなさんにも
どこかちがうところでも
そんな場所がありますように^^

どようび
11時から16時まで
こころよりお待ちしています^^
[PR]
by ekobaco | 2009-12-19 00:00 | 「お店のこと」の箱
c0186039_05198.jpg


2009年12月13日

ことしさいごの
奈良での企画展でした。

玄米ごはんと和のお店 すみれさんでの
「恵古箱感謝祭。」

この2日間は
お越しいただいたおひとりおひとりのかたと
なるべくゆっくりとお話をさせてもらって。

ことし1年のふりかえりをしたり

これからのことをかんがえたり

とてもとても深く、意味のある2日間となりました。

お越しくださいましたみなさま
ありがとうございました。

すみれさんのランチを2日間いただきました。
2日ともちがうおかず。
もちもちの玄米ごはん。
ひとくちひとくち
ゆっくりかみしめていただきました。

すみれさんのお店の
変わらないポリシーがすき。

健康な体と心は
おいしい食事なんだってことを
いつもいつもきづかせてくれる
素敵なお店 すみれさん。

いつもあたたかくむかえてくれる
すみれさんのオーナー のりさん
スタッフのみなさん

今年も
ほんとうにありがとうございました。

奈良では年納めの企画展。

さぁ次にむかって歩いていくのです^^
[PR]
by ekobaco | 2009-12-13 23:49 | 「お店のこと」の箱
c0186039_2123034.jpg


2009年12月11日と12日の
きんようびとどようびは

ことし「恵古箱」になって
この1年間のみなさまへの感謝の気持ちをこめて

「恵古箱感謝祭。」を開催いたします。
お祭り・・ってなんだかおおげさですよね^^;
タイトルが思いつかなくて・・・

ふだんのかんじで
だけど
ふるいものをできるだけ(お安い)のお値段で。


2日間
すみれさんでお待ちしています^^



*meguのかんがえごと*

先日
すみれさんのランチをいただいたとき。

すみれさんの畑でとれた
無農薬のお野菜と
もちもちの玄米ごはん。
安心な食材で
おいしいお食事を
みなさんに届けたい
って気持ち。


食を見直す悲しいできごとがあふれていて
だけど
そんなずっとずっと前から
すみれさんは
あたりまえのできごとをつづけてこられました。

そのきもちは
お客様にもきっと伝わっている。
だから家事歴のずいぶんと先輩のお母さま世代の方が
娘さん世代のオーナーのつくられてるごはんを
お金を払って食べにいらっしゃるのですよね。

たいせつなお金をお支払いして
雰囲気や接客も含めて
お店の食事を頂く
お店のお飲み物を頂く
そのことが
どれだけたいせつで
どれだけたいへんなのか
そんなことを考えていたのでした。
[PR]
by ekobaco | 2009-12-11 00:00 | 「お店のこと」の箱
2009年12月10日

すみれさんでの企画展
「恵古箱感謝祭。」の搬入がおわりました。

今年
恵古箱になって1年
おかげさまで
たくさんのうれしいできごとばかりで。

2009年「奈良」での最後のイベントなのです。

ふるいものだけ

さびさびのもの
木のもの
鉄のもの
アルミのもの
ブリキのもの

ついてる価格の20%引きや
50%引きのものもあるかな。

明日の様子をみて
土曜日も追加していきます。

ふるいものをきれいに拭いて整理していると
手にいれたときのことをつい思い出したりして。
おなじものがいくつもいくつも手にはいるわけじゃないから
そしていつ旅立つかもわからないから。
誰かのもとからわたしのもとへ
そしてまたちがう誰かのもとへ
そんな「旅」をしている
いとしいふるいものたち。

わたしはひととものとの橋渡し。

そう思えるようになっています。

2日間そんな素敵な橋渡しができますように。

すみれさんで
こころよりお待ちしています^^
[PR]
by ekobaco | 2009-12-10 20:58 | 「お店のこと」の箱
2009年12月7日

週末のできごとを
ゆっくりふりかえっています。

兵庫県芦屋市にあります
スペースRさんの10周年記念イベント

c0186039_20272799.jpg


スペースRさんの10年。

c0186039_20203840.jpg

c0186039_20292431.jpg

500円(4000円相当)と1000円(10,000円相当)の福袋。
c0186039_20294091.jpg


nishimaki ayaeさんの布のこもの。
色使いがさりげなくてすてきでした。
c0186039_20303158.jpg


リュリュのスタッフyukiさん作の缶バッジ
どれもかわいい^^
c0186039_20315469.jpg


おなじ出展者のみなさん。
はじめましての方ばかり。
みなさんとても親切にしてくださいました。

芦屋のパン屋さん「パンタイム」さん。
R10のパニーニ。
今回のためだけの渾身の作なのです^^
c0186039_20341055.jpg


西宮のお花屋さん「セイ・ウ」さん。
もっとたくさん写真を撮ったのだけど
うまく撮れていなくて^^;
しあわせの四つ葉のクローバー
c0186039_2036380.jpg

蓮の花の食器もありました。
c0186039_20353165.jpg

スペースRさんの社長さんの結婚式のブーケ・ヘッド・飾りつけなどのすべてを担当されたそうです。
その方をみれば
きっとこんなウエディングドレスとブーケだろうなってすぐにイメージできるんですって^^

芦屋の無農薬野菜屋さんCA(シーエー)さん。
c0186039_204929.jpg

おしゃれすぎて野菜屋さんとわからずに
通り過ぎてしまわれる方がたくさんなのだとか。
ミーツの農業特集やその他のメディアで
そして芦屋のとても広い年齢層の女性たちの心をわしづかみにしている
その名も「野菜王子」^^
冗談ではなく、ほんとうにみなさまは彼のことを「王子」と呼んでいるのですよ^^
さわやかな笑顔
きもちのいい応対
12月から配達業務も始められたそうです。
わたしもお野菜を買わせていただきましたが
とても味の濃いしっかりしたお味でした。
c0186039_20495021.jpg


今はたくさんの農家さんのところに
毎朝取りに行かれてるのですが
将来はご自分でつくられたお野菜を・・・との大きな夢があるのですって。
わたしの目の前のブースだったので
2日間「野菜王子」をみつめることができました^^

そして奈良の移動古道具屋のわたし。
みなさんご存知のとおり
神戸には
とても素敵なアンティークショップや古道具屋さんがたくさんあります。
そんななか
スペースRさんのおともだち市のお店のひとつに
恵古箱をって思ってくださったこと
それだけが
わたしにとっての価値あるできごとなのでした。

そのうえ
とてもうれしいことに
イベント企画担当の方から
恵古箱の古道具を何点か什器兼販売用として
お店に置かせていただけるお話もいただきました。
「暮らしの蚤の市で見たときから素敵だなってずっと思っていました。」って言ってくださって。
信じられない気持ちでいっぱいです。
ほんとうにありがとうございます。

きちんと
こつこつと
わたしにできること
わたしだからできることを一生懸命。
これからもずっと。

あちこち移動をしてきて
たくさんのみなさまに出会ってきたことが
これから
どんなことをしていこうとも
ずっとわたしの「原点」であり「財産」なのです。

スペースRさんのみなさん
同じ出展だったみなさん
2日間ありがとうございました。
[PR]
by ekobaco | 2009-12-07 21:06 | 「お店のこと」の箱