「ほっ」と。キャンペーン

奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

たいせつな日。

2009年11月30日

ことしも
あとわずかですね。

ずっとずっとさがしていた鍵が
わたしのところへ。

きょうはたいせつな日になりました。


c0186039_22585344.jpg

[PR]
by ekobaco | 2009-11-30 23:08 | 「暮らしのなか」の箱

畑のなかでいい時間。

2009年11月28日

つきに1度の
畑の農機具小屋の日は

たくさんの元気をもらえる日で

たくさんの勇気をもらえる日で

たくさんのあたらしいことを知ることができる日

すこし前のクリスマスイヤープレート
c0186039_2225987.jpg

小屋のおおきな木に飾りつけ
c0186039_22254963.jpg

パチパチと燃える炎
c0186039_2226447.jpg


風はつめたかったのだけど
tipiさんの焚き火カフェでの
あたたかい飲み物と

グリちゃんのカレーと

焚き火と

たくさんのおはなしで

気持ちが豊かになれたいちにちなのでした。


地球小屋のまん前の畑を借りている
とってもかわいい3歳の男の子「じんくん」とおかあさん。
「僕の畑に入っていいよ^^」
と招いていただき^^
かわいい畑におよばれしてきました。
「これはブロッコリーだよ。」
「これはいちごだよ。」
って一生懸命に教えてくれる。

じんくんの日常にある
「畑あそび」
自然のなかでのびのびとすくすくと

子育てと
野菜や植物を育てることは似ている。

畑はやさしい気持ちになれる場所。


寒い中
お越しくださいましたみなさま

tipiさん

小屋のメンバーのみなさん

今月もありがとうございました。
[PR]
by ekobaco | 2009-11-28 19:35 | 「お店のこと」の箱
c0186039_22521731.jpg


2009年11月28日のどようびは
つきにいちどの
たのしいたのしい農機具小屋のひ。

11時から16時頃まで
京都府木津川市にあります
Beeがあでん内地球小屋tipiさんにいます。

「畑のなかの農機具小屋だからできること」

ちょっとおおきめのクリスマスツリーをかざってみたり
たき火をしてみたり
あたたかいお飲み物や
無農薬のお野菜

あっというまに
いそがしい月がやってくるから
そのまえに
ゆっくりとした時間を・・・
そんなふうにかんがえています。

ご都合がよかったら
どうぞあたたかくしておいでください。
こころよりお待ちしています^^
[PR]
by ekobaco | 2009-11-28 00:00 | 「お店のこと」の箱

うれしいたより。

c0186039_19522183.jpg


2009年11月25日

あたたかくて
お天気のいい水曜日

わたしが移動販売をはじめて
美容室の駐車場の一角で
お店をさせていただいていたのは
水曜日のできごとだった。

いまでもあの場所を通ると思い出す女の子がいる。
あの頃
学校がおわると
水色の自転車にのって
何度となく来てくれていた
小学生の女の子、Aちゃん。
少ないおこずかいのなかから
ポストカードや木のコースターや中国茶そのほかいろいろ
買ってくれたりしていた。

申し訳なくて
「大切なおこずかいがなくなるよ~いいの?」と
何度きいても
にっこり笑って
「無駄なものって思ってないから。」
「ミッキーマウスとかキャラクターものがいいと思わない。」
って言ってくれた。
しぶい女の子だった。

学校のこと
お姉ちゃんのこと
たくさん話してくれたAちゃん。

あの場所でお店をすることがなくなって

小学生の女の子からすれば
わたしのことなんて
すっかりとおりすぎていってしまうものって思っていた。

だけど
このブログをみていてくれている。
ホームページもみてくれている。

わたしのことわすれないでいてくれているんだ・・・

「また会いたいです。」ってメールをくれた。

じぃぃんときた。

来年
中学生になるAちゃん。

「わたしが電車やバスに乗って行ける場所でずっとお店をしていてください。」
って言ってくれたこと。
まだきのうのできごとみたい。

Aちゃん。
ほんとうにありがとう。
わたしもとても会いたいです。
[PR]
by ekobaco | 2009-11-25 19:53 | 「暮らしのなか」の箱
c0186039_11374842.jpg


2009年11月23日

三重県名張市にあります
ヒロシマコウムテンさん内calmeさんでの
「愉しい冬の時間」

またまたあっというまにすぎてしまっていました
愉しい冬の時間でした^^

calmeさんでの企画展は
今回で2度目。

三重県のみなさまも
ほんとうにあたたかい方ばかりでした。

5月に参加させていただいた
calmeさんでの「青空蚤の市」からお顔見知りになった
50代くらいのとても素敵な女性
今回でお会いするのは3度目。
店内をゆっくりゆっくり何周もごらんになってあれこれ考えながら選んでくださいました。

「わたしは体が弱くておうちにいる時間がほとんどだから
ふるいものといっしょにいる時間がほんとうにだいすきで癒されるんです。」

お帰りになってから
またお越しくださって
「おうちに置いたらとてもよかったから伝えたくてまた来ちゃいました。」
ってとってもうれしいお言葉をいただきました。

ご家族で楽しみにきてくださる方は
なかなか選べなくて
さいごは小学生の娘さんがこっちって指をさされたほうにお決めになる姿も
ほほえましくてとても素敵でした^^

2日間ともお越しくださった方もいらっしゃいました。

先週にもお会いした方も
またお越しくださいました。

お菓子をつくられるだいすきな「あのかた」も。
来月、「秋篠の森」でお菓子の家のワークショップがあるのだとか^^

素敵なお蕎麦屋さんのご夫婦も。
夕方の営業時間まえのお忙しいあいまをぬってお越しくださいました。

今回
男性おひとりでお越しの方もたくさんでした。
「友人からDMをもらっていきたいって思って。」
「妻がこれなかったのだけどひとりでもいきたいって思って。」
ゆっくりごらんになってくださいました。
男性のふるいものの見方はまたちがっていて
おはなしをお聞きするととても勉強になります。


この2日間
ほんとうにたくさんの方とであうことができ
またうれしい瞬間をたくさんかさねることができました。

お越しいただきましたみなさま
ほんとうにありがとうございました。

お声をかけてくださいました
ヒロシマコウテンさん
calmeさん
そしてFさん
今回もほんとうにありがとうございました。
[PR]
by ekobaco | 2009-11-23 11:38 | 「お店のこと」の箱
c0186039_22435382.jpg


11月21日と22日
11時から17時頃まで
(わたしのミスでDMには18時と記載されているのです・・・申し訳ありません。)

三重県名張市桔梗が丘にあります
ヒロシマコウムテンさん内
calme(カルム)さんの2階で
「愉しい冬の時間」展を開催いたします。

おうちのなかにいる時間を
あたたかく
ここちよく
おだやかになれるように。

おうちのどこかにふるいものをひとつ。
きっとそれだけで
「あの頃」の
懐かしい気持ちになれるような。

そんなお手伝いができたらうれしく思っています。

ヒロシマコウムテンさんとcalmeさんの店主さんのおふたりが作られた
やさしい大人かわいらしい空間に
恵古箱のもの。
うまく調和できたらなと思っています。

今週末もさむいとのこと。
どうぞあたたかくしておいでください。
2日間ずっと2階におります。

こころよりお待ちしております^^
[PR]
by ekobaco | 2009-11-21 00:00 | 「お店のこと」の箱

たのしいエプロン

c0186039_22233544.jpg


2009年11月19日

いつもお世話になっています
京都府のRelishさんのオーナー森かおるさんが
アノニマスタジオ出版から
「うれしい食卓」に続く第2弾のお料理の本
「たのしいエプロン」を出版なさいました。

素材の扱い
使いきりの方法
時間短縮の技
応用のヒント
定番おかず

お料理初心者のお若い女性から
主婦歴何十年のベテランの方まで
幅広い層の生徒さんをお持ちのお料理教室。

森さんは
Relishさんで月の半分をお料理教室を開催されるほか
子育て関連イベントや
地元の学校行事に料理講師として参加されたり
食器のメーカーたち吉さんのサイトで
器にあわせたお料理のご紹介など
お料理を通じて幅広く活動されています。

写真がきれいだけど
実際の作り方が難しくて
結局ながめている・・・そんな本ではありません。

ほんとうに知りたかったことは
じつはとてもかんたんなことだってことを教えてくれます。

いつもお忙しい森さん。

「わたしはこれ」というものに
まっすぐ
ぶれずに活動されている姿

お会いするたびに
いつもいつも励みになるお言葉をいただけます。

今発売中の「奈良の本」での
恵古箱のページ
撮影場所はRelishさんです。
ご自分のお店の取材ではないのに
「わたしまでうれしいわ~ぜひうちで取材をどうぞ^^」って場所を快く提供くださいました。

森さんのやさしさがつまった1冊です。
お料理にあわせた器もすべて森さんのセレクトです^^

「お料理の上達の一番の近道は
 失敗なんか気にせずに
 何度も作って慣れること。」

わたしたち目線のお料理の本、2冊目。
もちろんわたしの教科書になりました^^
[PR]
by ekobaco | 2009-11-19 22:04 | 「暮らしのなか」の箱
2009年11月16日

たのしい時間はほんとうにあっというまです。
昨日も
そんなふうに想わずにいられない
「記憶に残るいちにち」なのでした。

いちにちをおえて
ゆっくりふりかえっています。

kicciさんで
「木の古いもの」展。

c0186039_10474363.jpg


まっしろな空間に
木のものだけ。

c0186039_10575427.jpg


c0186039_10582076.jpg


c0186039_11144237.jpg


kicciさんから
今回のおはなしをいただいたとき
とてもとてもうれしかった。

kicciさんはお店を営まれて2年半がすぎました。
いつもにちようびはおやすみの日。
はじめてのにちようび営業。

たいせつなたいせつないちにちです。

何度も何度もうちあわせをかさねて
おたがいの気持ちを言葉にして
おたがいの信頼がふかくなっていく。
わたしは
こうやっていっしょに「創りあげていく」
このかんじがすきだから
こんなかたちでのスタイルをつづけているのだと思います。

この日もたくさんのみなさまにお会いできました。

お店オープン10分前からお越しくださったご家族

奈良の本をみてくださって
先週の骨董市に来てくださって
サイトをごらんいただいて

女性おひとりの方もたくさん
ご夫婦での方もたくさん
はじめましての方もたくさん

箱本手仕事市からお越しくださった方もたくさん

そしていつもお会いできる楽しいメンバーもたくさんでした^^

イベント納品後に
お店の休憩中に
イベント終わりのおつかれの後に

もちろんおもしろいご夫婦も^^

お仕事がおいそがしくて
にちようびだけのおやすみなのに
いつも時間を作って会いにきてくださるご夫婦

この日は
風がつよくてさむいいちにちでした。

この場所の
いちにちだけのこのイベントをめざして
お越しくださったみなさま

ほんとうにうれしかった。


この日のkicciさんでは
お客さまのだいすきなお飲み物いくつかと
季節の焼き菓子がいくつも。
c0186039_10483341.jpg

木の板ではさんだメニューもすてき。

オープン前のできたての焼き菓子。
お店じゅうにほんのりあまくてやさしい香りがたちこめます。
これはさつもいものタルト。
c0186039_10493710.jpg

この日も
大人はもちろん
ちいさなお子さまもちいさな手で持って笑顔で召し上がっていましたよ^^
お菓子はみんながしあわせになれるのですよね^^
あまいものが苦手なかた
kicciさんのお菓子で考え方が変わるかも・・・^^
いちどにふたつをぺろっといただける女子もたくさんいらっしゃるのだとか。
この日もその瞬間をみることができました^^

いつもよりたくさんたくさんご準備くださった焼き菓子は
すっかり完売になっていました。
おひとりでなんでもこなす女性店主。
この方もおっとりほんわか空気だけど
きちんと芯のつよいものをもっている。
すてきな方です。

あっというまのいちにち。
かたづけているあいだ・・なんだかさみしかった。

だけどいくつものうれしい瞬間をかさねることができました。

お越しくださいましたみなさま
ほんとうにありがとうございました。

そして
このようなすてきなお話をいただきましたkicciさん
ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by ekobaco | 2009-11-16 11:10 | 「お店のこと」の箱
c0186039_21534421.jpg


2009年11月15日 にちようび

11時から18時まで

奈良県郡山市北郡山町にありますカフェ
「kicci」(キッチ)さんで
木のふるいもの展をさせていただきます。
(雨天決行です。)

椅子

引き出し
お盆
靴型
糸巻き
などなど

毎日のくらしにあるとうれしくなる
木の古いもの
あれこれとえらんでいます。

kicciさんでは
焼き菓子と
珈琲と
紅茶を。

古いものをごらんになるだけでもどうぞお気軽にお入りください^^
(kicciさんの店主のまりさんより。)


kicciさんがわたしに言ってくれました。

「meguさんのえらんだ「木のふるいもの」
わたしが「カフェ」
それだけでじゅうぶん。
きっと楽しくなる。
きっといい1日になれるよ~^^」

それから
こんなことも言ってくれました。

「しあわせって
なにげない暮らしのなかにこそあって
生きているだけでしあわせだってことをいつも思う。
だからわたしはとってもしあわせ。」

彼女の笑った顔がだいすき。
今、わたしが男子だったら、彼女を恋人にしたい^^

にちようびは
郡山でのたのしい1日はいかがでしょうか^^
こころよりお待ちしています。


*お知らせ*
15日のにちようびは
郡山市紺屋町の「箱本館」で
「箱本手仕事市」が開催されていて
お知り合いのあの方この方が出展されるんですよ。
そちらもどうぞお楽しみくださいね^^
[PR]
by ekobaco | 2009-11-15 00:00 | 「お店のこと」の箱
c0186039_21332246.jpg


2009年11月14日

奈良県郡山市にあります
カフェ「kicci」(キッチ)さんで
「木のふるいもの」展をあしたにひかえています。

車に
木のものだけをつめこんで
搬入をすませてきました。

ほんとに
みごとに
木のものだけ。

昭和の時代のものから
もっとずっと前の
明治・大正時代のものも。

kicciさんのまっしろな壁に
木のものたちはみんなみんなうれしそうで誇らしげなのです。


kicciさんが
あしたにお出しする焼き菓子の仕込みをされていました。

鳴門金時のタルト
いちじくのタルト
チョコとバナナのタルト
ライ麦のスコーン

ひとつひとつ
ていねいに
心のこもった焼き菓子たち。

あした
kicciさんでのお愉しみ。

こころよりお待ちしています。
たくさんのみなさまとお話しができますように。

*申し訳ありませんが
 「kicciさんのお店の木のもの」は販売することができません。
 あらかじめご了承くださいませ。*
[PR]
by ekobaco | 2009-11-14 21:25 | 「お店のこと」の箱