奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

c0186039_1904513.jpg


2009年5月31日

わたしのできるちいさなことが

「人」にやさしく

「自然」にやさしく

もっとおおきくいえば

「社会」に

「国」に

「地球」にやさしくなれている

そんなことができますように。


そんな気持ちのある企業や団体から

なにかを注文したり

なにかを買ったり

そんなことをしていきたい。


若いころは
そんなこと考えもしなかった。

ここ最近
そういう企業や団体の社長や理事長や関係者の方のお話しを聞く機会があると
自分のできることはなんだろうって思えてくる。

たくさんの媒体のおかげで
ロハスやエコって言葉を目や耳にするようになって
関心をもったり、取り組みはじめた人もたくさんになってきて

そういうわたしもそんなひとりです。

思い返せば昔
15年ほど前
そんなふうな暮らしをしていた年上の人が
まわりに何人も何人もいました。
とっても完璧主義な方たちばかりで
教えてもらうことで
目からうろこが落ちるような状態の連続で
「すごいな~」って思うんだけど
反面、むずかしすぎて
自分ってなにもわかってない、だめだなぁ・・・って落ち込むこともあって。
それがだんだんこわい時期もあって。

だけど
きっと
今もそのひとたちの暮らしは
ずっとおんなじ。

こんなふうになるずっとずっと前から
「わたしやってます。」「すごいでしょ。」じゃなくて
意識せずに当たり前のこととしてきた人や
こつこつとまじめにとりくんでるたくさんの人は
ほんとにすばらしいなってこころから思うのでした。


年を重ねてきてやっとおいついてくること
きっとこれからもたくさんありそうですね^^
[PR]
by ekobaco | 2009-05-31 18:49 | 「暮らしのなか」の箱

歩幅。

c0186039_20394528.jpg


2009年5月28日

ひとは
それぞれに歩幅があって

だれかといっしょに歩くとき

「相手にあわせて歩く」こともあるし

「相手にあわせてもらって歩く」こともあるし

「自分にあうひとと歩く」こともある。


どんなときでも
自分に無理のない歩幅で
まっすぐ歩いていたいと思った。
[PR]
by ekobaco | 2009-05-28 20:14 | 「暮らしのなか」の箱

恋する理由。

c0186039_2155248.jpg

2009年5月27日

先日
ある場所で
とても気になるお皿を数枚手にとってじっと見ていた。

おじさんがひとこと。

「それを選ぶようになったか~。」
「あんたも目が肥えてきたな。」

かなり昔の時代
江戸幕末くらいの
手書きの染付けのお皿だと後から知る。

生地の色
模様の色や描かれ方
裏の高台の蛇の目のおおきさ

どれくらいの年代の古いものか
はっきりとはわからなかったけれど

大量生産のものや
印判のものではないことは
すぐにわかる。


真似をして作ろうとしても
絶対にできない。


こんなふうにして

わたしは
彼(ふるいもの)と出会い
彼(ふるいもの)に惹かれ
彼(ふるいもの)に恋をしていく
恋多き恵古箱店主meguなのでした。笑


実際のめぐは・・・
はい、自覚しています。男前なドS姉さんなのです~^^;
[PR]
by ekobaco | 2009-05-27 20:46 | 「お店のこと」の箱
c0186039_4522632.jpg


2009年5月25日

早く寝すぎてしまっていて
こんな時間に目がさめています。笑。

もう「きのうのこと」になってしまいました。
三重県名張市のcalmeさんでの「青空市」
ほんとうにたくさんのみなさまにお越しいただきまして
ありがとうございました。


はじめての「三重県」
熱かったです。

最初のお客様がこられたのは9時半でした。
11時オープンまで50人・・・以上の列ができていました。

奈良からの新参者^^
だいどころ飛鳥さんとmegu
たくさんのお客様を目の当たりに
どきどき落ち着かなくて完全な挙動不審状態でした^^;


だけど
ゆうじゅさんのお顔をみてほっとして。

お客様のなかから
知ってるお顔をみると
またほっとして。

meguさぁん~
来ましたよぉ~って言葉にじんとくる。

あっ
あの素敵なご夫婦
絶対どこかでお会いしてる。
どこだろう。
そうだ~あの場所だった☆
そんな記憶をたどれることもできて。

アポロさんのテーマ作者☆
自称「ゆうじゅさんのおっかけ」だったんですね^^

はじめてお会いするんだけど
わたしのことをブログでよくご存知でいてくださってる方もたくさんで。

お話しすると
先日の「つながるマーケット」に参加されてる方だったり
同じお店が好きだったり

ふるいものがほんとにおすきで
「この空間・・・気になってやっぱり戻ってきちゃうのよ~」って何度も何度も見に来てくださったり

「ここにあるものを全部!って言いたい~」って
言ってくださった方も。

そんなうれしい瞬間を
いくつもつなぎあわせることができました。

ヒロシマコウムテンさん
calmeさんのおふたり
「青空市担当」のFさん
同じ参加者のみなさん

このようなすてきなご縁をくださいましてありがとうございました。
[PR]
by ekobaco | 2009-05-25 03:16 | 「お店のこと」の箱
c0186039_16154788.jpg

c0186039_16163164.jpg

c0186039_16191814.jpg



2009年5月24日のにちようび

11時より17時まで

三重県名張市桔梗が丘2-2-10
ヒロシマコウムテンさん内calmeさんにておこなわれます
「青空市」に参加させていただきます。

東海地域ははじめてです。
(奈良にとっても近い東海地域^^)

calmeさんとの出会い
つなげてくださったのは
お菓子つくりは心の糧だとおっしゃる
だいすきな「ゆうじゅ」さん。
先月の彼女のタベルエ展覧会初日。
お菓子でなにかを表現できるひとをはじめて知った。
(近々こちらでご報告しますね。)

ゆうじゅさんもこの「青空市」に参加されるんですって。
いまからとてもたのしみなのです。

ヒロシマコウムテンさんと
calmeさんがつくりあげた空間
とても素敵なんですよ。

ぜひ見ていただきたいなぁ。

わたしは「ちいさなかわいいがらくた達」をご用意してお待ちしています。
「かわいい」・・・どこかで聞いたことがあるテーマかもです^^
[PR]
by ekobaco | 2009-05-24 00:00 | 「お店のこと」の箱
2009年5月23日

とってもいいお天気。
まさに「小屋日和」でした。

1日限りの
地球小屋tipiさんでの
「畑のなかで珈琲と本とふるいもの」
オープンしました。

c0186039_21284051.jpg


出張珈琲屋さんの「丙午珈琲」さんと
出張古本屋さんの「ぼちぼち堂」さんと
わたし、移動古道具屋の恵古箱。

「両手におメガネ男性」
なんてしあわせで贅沢な^^

オープン前から
お待ちくださってた方

この日をめざして来てくださった方

いつものお顔

はじめましての方
お久しぶりですの方

ほんとうにありがとうございました。


今回のために
赤い実コーヒーさんで
恵古箱ブレンドをお作りくださった丙午珈琲さん。
昔懐かしい純喫茶店でいただけるような味をイメージしてくださったのだとか。
酸味があってすっきり。
とてもおいしかった。
c0186039_21301792.jpg

c0186039_21305913.jpg



今回のために
素敵な本をこんなにたくさんセレクトしてくださったぼちぼち堂さん。
来月のリノアさんでのイベントも控えていらっしゃるんですよ。
期間中に是非にうかがいます。

c0186039_21312651.jpg


愉しい小屋での1日。
いい時間をほんとうにありがとうございました。

そして今回も
地球小屋とtipiさんに感謝です。
ありがとうございました。

来月は21日のにちようびに地球小屋tipiさんでお世話になります。


そして
丙午さんのご配慮で
お昼ごはんは「だいどころ飛鳥」さんのおにぎり。
おひさしぶりの飛鳥さんと
深いところまでじっくりゆっくり語れて
とても濃い時間でした。

飛鳥さん。ありがとう。
明日も三重県のcalmeさんの「青空蚤の市」でご一緒。
心強いなぁ。

c0186039_21315531.jpg
c0186039_21322067.jpg

[PR]
by ekobaco | 2009-05-23 21:08 | 「お店のこと」の箱
c0186039_17144568.jpg


2009年5月23日のどようび
11時から16時まで

京都府木津川市木津中央体育館すぐそばの
「Beeがあでん内地球小屋」で
たのしみなことがあります。

「畑のなかで珈琲と本とふるいもの」

・・・すぐにおもいついたこのタイトル。

昨年11月にmoricoちゃんと「おやつの時間と道具たち」
今年1月に全部百円の「恵古箱百円玉市」

そして今年4月から
毎月地球小屋tipiさんのこの場所で
ゆるゆると愉しませていただいています。

この小屋は
ふだんのこと
これからのこと
ほっとできて
ひらめきもある
だいすきな場所なのです。

tipiさんとお会いしたのはもう2年前くらい。
AIDAさんであったエトセトライベントでお声をかけてくださり
それからイベントに何度もお越しいただいて。

「きっとmeguさんとつながれる気がする」

そしてこの小屋を借りられたその日にばったり。
「わたし小屋を持ったよ。」
「meguさん小屋を使ってね。」

そんな
小屋のオーナーtipiさんの素敵な思いつきからはじまった
素敵なたのしいこと。

丙午珈琲さんの珈琲。
・・・一杯一杯ていねいに淹れてくださる彼の珈琲。恵古箱ブレンドがあるとかないとか☆

ぼちぼち堂さんの古い本。
・・・彼の選ぶ本もまた素敵です。今回のセレクトもたのしみなんです☆

そして恵古箱のふるいもの。
・・・いつものかんじなんだけどいつもとちょっとちがう・・かんじにしたいなぁ。
  

畑のなかで
ゆっくりしてほしい。

畑のなかで
ゆっくりしたい。

3人でこころよりお待ちしております。


*雨の場合
 残念なのですが珈琲と本は中止で
 小屋のなかで「meguとふるいものだけ」でお待ちしております。

*画像は自宅の私物で撮影したものです。
[PR]
by ekobaco | 2009-05-22 23:59 | 「お店のこと」の箱
2009年5月22日

きのうのことを。

修行場所での「飲み会」

18歳から25歳くらいのお若い兄さん・姉さん方と
お話しする機会・・・そうないです。

意外って言ったら・・・ごめんなさい^^;

だけど
みなさん

まじめで
働き者で

学生さんは
定期代や教科書代も自分で払ってたり

ひとり暮らししてる方

お店をもちたい方

メイクのお仕事に就きたい方

半年間
沖縄に住んでた方
(興味深いなぁ~もっと聞きたかった。)

目的があって
お金をためて
使い道もきちんと考えてて

うれしかった。

こんな考えってどう思いますか?って相談されたり。


わたしがその年齢だった頃のことをふりかえってみたけど
よっぽどみなさんのがしっかりしてる。


某ファーストフード店で勤務していた頃

そして
なぜか今も

このような年代の方と親しくさせてもらえることにも
なにか意味があるのかも。

わたしのこともかなり聞かれましたが^^;
お若い方からすれば、わたしのような年代と話せる機会もあまりないようです。


あしたは
畑のなかで珈琲と本とふるいもの。

わくわく
どきどきな前日です。
[PR]
by ekobaco | 2009-05-22 20:27 | 「暮らしのなか」の箱

ただ正直なだけ。

c0186039_20212592.jpg


2009年5月20日

それは

いじわるなんじゃなくて

ひねくれてるんじゃなくて

ただ
自分に正直なだけなんじゃないかなぁって言ってもらって

気持ちが救われた。

いつもそうやって
みていてくれることがうれしい。


ありがとう。


*meguのひとりごと*

自由に
まっすぐ
思う方向に伸びていく
そんなおおきな木になりたいなぁ。
[PR]
by ekobaco | 2009-05-20 20:26 | 「暮らしのなか」の箱
c0186039_148154.jpg
c0186039_1483186.jpg
c0186039_1484368.jpg
c0186039_1485678.jpg




2009年5月19日

もうあれから2日も過ぎてしまっていました。

humさんでの「ふるいものをたのしむ」展。

あいにくの雨のなか
こんなにすごい雨のなかでも
たくさんの方がおいでくださいました。
雨なのに
このイベントを楽しみにしてくださった方もたくさんで
とってもうれしかったです。
確か先週京都の十日市にも来てくださいましたよねの方や
前回のこのイベントにも来てくださいましたよねの方や
1日に2回もお越しくださった方もいらして。
ラブレターとお菓子までいただいたりもして。
うれしい~お返事書こう^^

お越しくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。


お越しになるみなさんのお言葉はみなおなじ。

「humさん移転されるんですよね・・・」
「つぎはどこなんですか・・・」
「この近くにいてください・・・」

みんなおんなじ。

humさんは大阪市都島区のこの場所では
明日20日でおしまいなんです。
また新しい場所での新しい展開にむけて
動いてらっしゃいます。

新しい場所・・・どこなんだろう。

でも、きっとどこにいっても
オーナーとスタッフの方はおなじなんですから
素敵なお店ということに変わりはないはず。

おわりではなく
あたらしいはじまりのため。

なにかを変えるために
勇気をもつことも必要だってこと。
わたしも経験上、わたしなりにだけどわかっているつもりです。

humさんのHマネージャー
スタッフのあやのさん(今週結婚式♪)
新しいはじまり
とても楽しみにしています。

ひとまず
この場所でのhumさんに

「おつかれさまでした。」
「ありがとうございました。」




*追伸*
「humさんのあとのこの素敵な場所どうなるの・・・?」
って質問もたくさんあるようです。

みなさん
まだなにも決まってないんですよ~

次にどなたか・・・素敵なことに、いかがでしょう☆
前は公園、神社もあって
ロケーションは抜群ですよ~
ちなみにお家賃は・・・
すみませんっ、実はわたしもそこまでは知らないんです・・><
[PR]
by ekobaco | 2009-05-19 14:09 | 「お店のこと」の箱