奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:「だいすきな人」の箱( 15 )

c0186039_75939.jpg


2010年9月15日

昭和21年
木津川の水を奈良に送るためにうまれた
「ポンプ小屋」が

グリちゃんと相方さんのお店になりました。

VERT DE GRIS(ヴェール・デ・グリ)」

先日12日の日曜日は
プレオープンパーティーでした。

わたしは
「おうち」のとびらをしめて
いそいでいそいで向かったけれど

小屋メンバーみんなでのサプライズ
感動的な涙のくす玉の瞬間も
ココドリロさんのライブも見れませんでした。

もちろんそれはとても残念だったのだけど

わたしは
ただグリちゃんに会いたかった。
グリちゃんのがんばり
相方さんのがんばり
イトウちゃんのがんばりを
その場に感じにいきたかったのでした。

たくさんのみなさんに
祝福してもらって
支えてもらって

疲れをちっともみせない
笑顔のグリちゃん。

だけど
ブログをみていると
わかります。

どれだけがんばってるのか
どれだけ本気なのか

まだ
なにも手をつけていない頃の
ポンプ小屋の状態をしっているわたしたち。

あの場所が
こんなふうに・・・

感激でいっぱい。

この日
プレオープンが終わって
みんなが帰った後
リラックスしているグリちゃんの
今思っていることなども聞くことができました。


グリちゃんのお店
本日オープンです。

だいすきなひとがてがけた
だいすきなお店がまたひとつ。
[PR]
by ekobaco | 2010-09-15 08:00 | 「だいすきな人」の箱
c0186039_20455485.jpg


2010年8月18日

おもいがけない
うれしい集まりにおよばれいただきました。

パンと
スープと
サラダと

たのしい会話
みんなの笑顔。

おなかいっぱい。

気持ちもいっぱい。

ありがとうございました。

がんばってる女性は素敵です。
わたしも彼女のように
明るくて元気で
まわりのひとみんなを笑顔にできる人になりたい。
[PR]
by ekobaco | 2010-08-18 20:51 | 「だいすきな人」の箱

つよくてやさしいひと。

2010年6月28日
げつようび。

また会ってゆっくりお話ししたいなって
彼女のブログをみてたら

びっくり。

自宅から車で5分ほどの
この場所にきてる。

c0186039_20431678.jpg


10分後には
びっくり顔で笑顔の彼女に会えた。

帽子好きのお花ガール、
Vert de gris flower(ヴェール・デ・グリ)グリちゃん。

いつものグリトラック
いつものこの看板。

c0186039_20564046.jpg


彼女のつくるものは
ふんわりやわらかくて
やさしい。

c0186039_2056776.jpg


彼女は
数ヶ月後のお店オープンのために
相方さんとがんばっている。


はじめて
彼女とふたりっきりで
膝をつきあわせて話し込む。

そして思ったこと。

ひとは
ひつようなときに
ひつようなひとに
ひつようなことを言ってもらえる。

きもちいいくらいに
背中をおしてもらえた気持ちになれた。

グリちゃん
ほんとうにありがとう。
[PR]
by ekobaco | 2010-06-28 21:08 | 「だいすきな人」の箱

はじめる。つづける。

2010年5月20日

先月からはじめられた
ミルツルさんのショップ+アトリエに。

とっても広くて

c0186039_1843129.jpg


とってもゆるやかで

c0186039_18553044.jpg


彼女の世界がたくさんで

c0186039_18442350.jpg


すこし先の季節のことをかんがえて
イメージして

c0186039_18445270.jpg



おひとりで
製作をしながら
ショップとアトリエをもつこと。

彼女の今後やっていきたいことを
たくさんお聞きすることができた。

この場所で
こうやって
おきゃくさまをおむかえできるよろこびを
知ることができている
しあわせものの机。

c0186039_18521776.jpg





いま
やりたいことがたくさんで
やるべきことがたくさんで

だけど「わたし」はひとり

できることに限りがあって。

気分転換にと出向いた郡山。



おとなりのカフェ。

c0186039_1912945.jpg


「つづけているひと」が
「はじめたひと」のためにつくった
てるてる坊主。

c0186039_1858066.jpg


お店のメンテナンス明けの
パン屋さん。
おそうじして
お店の空気もかわったよう。

なにかがちがう。

「またおなじようにつづけるひとたち」がつくった
だいすきなパンと飲み物。


郡山のみっつのお店
ゆっくりと行きたい
だいすきな場所です。
[PR]
by ekobaco | 2010-05-20 19:14 | 「だいすきな人」の箱

nicoさん。

c0186039_19551831.jpg


2010年5月15日

兵庫県西宮市のnicoさん。

はじめて知ったのは
ある雑誌。

サイトをこっそりのぞいていたら
今の場所に区切りをつけて
違う場所での新たなはじまりをされるとのお知らせ。

趣のある建物でのお店はいけなかったのだけど
ある方と共通のお知り会いだということも知って

どんな方なんだろう
会いたいな
会いたいな

ずっと思っていたら

彼女も
わたしのことを知っていて
サイトを見てくださってて
3月のおうちをたずねてきてくださいました。

会ったことなかったのに
お顔をみて
不思議なくらいにすぐにわかりました。

はじめましてなのに
ゆっくりお話ができて

きょう
やっと伺うことができました。

nicoさんのお店。

c0186039_19533220.jpg


彼女の
さらっとしたかんじがとてもすき。

c0186039_19535713.jpg



c0186039_19545127.jpg


きょうは土曜日で
お客さまいっぱいでした。

素敵なお店がまたひとつ。


nicoさん

兵庫県西宮市甲子園口3-26-7
甲園ハイツ202

JR甲子園口から徒歩10分以内

不定休(HPで確認ください。)

http://mocchi.tobiiro.jp/
[PR]
by ekobaco | 2010-05-15 19:56 | 「だいすきな人」の箱

「ふふふのふたり」展。

2010年3月22日

ひさしぶりの遠出。

三重県鈴鹿市にあります
「+-2 gallery」 (プラマイツギャラリー)さんへ。

この色がなんともいえずだいすき。

c0186039_2026759.jpg


Milleturuさんと
glass studio beさんの
「ふふふのふたり」展をみにいきました。

おふたりは奈良県在住のモノヅクリの方。
ちょうど今発売されている
「関西の手仕事」という本にも取り上げられています。

ミルツルさんとの出会いはたしか2年ほど前。
ある場所でイベントをご一緒にさせていただいてからのご縁です。
写真教室も別のクラスでしたが同じ時期に習っていて
卒展もおなじでした。
お互いにお互いのイベントを見にいったりもして。

彼女のすばらしいと思うところは
既成の布地ではなくて
リネンやオーガニックコットンなど
彼女オリジナルの色と生地を工場で作ってもらってから
裁断・縫製まで仕上げること。

c0186039_20352094.jpg


c0186039_20265418.jpg


ボタンも鹿の角でできたオリジナルのもの。
c0186039_20272222.jpg



beさんの奥野さんとの出会いはたしか3年ほど前。
ハナロジさんを通じてお知りあいになりました。
ならまち工房にアトリエとお店をかまえる
静かでひかえめな彼女。


ひさしぶりにみせていただいた彼女の作品。
ボールペンがとくに印象的でした。

c0186039_20282019.jpg


好きなものをいれてたったひとつのボールペンを作ってもらうことができるんです。
ドライの実や
お花や
珈琲豆や・・・

うつくしい箱。
c0186039_20292423.jpg


自然の光をあびて。

c0186039_20313711.jpg


c0186039_20304279.jpg


c0186039_2031913.jpg




5月末
この素敵な場所で
恵古箱の企画展をとお声をかけていただいてて。
とってもうれしい・・・ありがとうございます。

この場所には
あんなものかな、こんなものかなと
たくさんイメージを膨らませながらの帰り道はとても楽しくて。

「おうち」できていただくみなさまをおむかえして
「移動」でみなさまのところに出向いていく。

わたしには
どっちもだいすきで
どっちもたいせつで
どっちも必要なのです^^
[PR]
by ekobaco | 2010-03-22 20:52 | 「だいすきな人」の箱

たいせつなひとには。

c0186039_2259341.jpg


2010年2月23日

いいことばかりではなく
そうではない言いにくいことを
言葉をきちんと選んで
言ってくれたり
教えてくれるひと

自分のことをほんとうに思っていてくれるからこその言葉。

優しいなかの厳しさ
厳しいなかの優しさ

そんなひとこそが
自分のほんとうにたいせつなひと。

そして
わたしも
自分のほんとうにたいせつなひとに
そうでありたいと思うのです。
[PR]
by ekobaco | 2010-02-23 22:59 | 「だいすきな人」の箱

お城。

2010年2月17日。

先日
わたしのお友達が営んでいる
和菓子屋さんが残念なことにお店をたたんでしまいました。

お引越しやその他のこと
ほんとうにすこしだけなのだけど
できることをお手伝いさせていただいて

きのう
あたらしいおうちにおよばれ
いままでのお礼にって
お昼ごはんのおもてなしをしてくれました。

前に住んでいた場所よりちいさくてせまいおうち。
さぞ落ち込んでいるだろうって想像を
きもちよく裏切ってくれました。

彼女は
とってもあかるくてにこにこしているのです。

聞けば
結婚してずっとお店のことで忙しくしていたから
今はじめて主婦らしいことをしているらしく
新聞のチラシをみて
スーパーに買い物にいってお料理をしたり
家にお友達をよんでお話したり
子供たちとむきあってる今の時間が
とってもしあわせなんですって。

彼女の
能天気なほどの明るさ
もちろん半分はわたしに心配かけないようにって無理をしてると思う。

どんな状況にあっても
いまを前向きにかんがえられる彼女。

彼女の作ってくれたあたたかいごはんとおしゃべりで
わたしのほうが元気をもらって帰ってきたのでした。

彼女は
あたらしいおうちのことを
「はじめてできたわたしのお城」っていいました。
すごい。
素敵。

あらためて彼女のことが好きになりました。
[PR]
by ekobaco | 2010-02-17 21:24 | 「だいすきな人」の箱

こころの旋律

c0186039_22511167.jpg

2009年3月30日

先日のことになるのですが

今回もDMをいただいたので行ってきました。

大阪市北区のギャラリーitohenさんにて

4月5日まで開催されています

高田竹弥さんの展覧会

「こころの旋律」


高田さんのつくりだす「色」がすき。

ひとつの額のなかに

とてもしずかな中でうまれた

おりまざっているいろいろな旋律


展示されていた

廃材とワイヤーとでつくられている「船」


DMのなかの言葉

思い出の功績、
流れていく記憶の風土、
誰もが心の中に持っている物語が
静かな旋律となって心に響く

どれも素敵で目を奪われるものだった。

*画像は頂いたDMです。
[PR]
by ekobaco | 2009-03-31 22:49 | 「だいすきな人」の箱
c0186039_20375881.jpg


2009年3月11日

京都府木津川市にあります
「アルカイック」さんが
奈良市にテイアウト焼き菓子のお店をオープンされます。

金・土・日・月のみ開店されます。

色とりどり
ちいさくてかわいいマカロン
そのほかにも焼き菓子がいろいろ

そういえば、奈良町方面でマカロンのお店。。。なかったような気がします。

アルカイック 
奈良市福智院町44-1
0742-24-7007
近鉄奈良駅下車、興福寺より徒歩10分

3月13日12時よりオープンです。

店内にあわせたジャンクなものを
すこしだけ、恵古箱が担当させていただきました。
[PR]
by ekobaco | 2009-03-11 20:50 | 「だいすきな人」の箱