奈良の移動古道具屋です。


by ekobaco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:「暮らしのなか」の箱( 101 )

冷えとりガール。

c0186039_1015857.jpg


2010年11月17日

11月のおうちのとびらを
いったんしめて
すこしのんびり・・・

・・・できたのも
束の間で

仕入れに
つぎの準備に
打ち合わせにと
あっちこっちうろうろと徘徊しております^^;

ことしの秋冬の
meguのテーマは
ずばり「冷えとり」

先月に
本屋さんで
ナチュリラ別冊
「冷えとりガールのスタイルブック」をみつけてしまい
即買いしてしまいました。
(ガールって年齢でもないんですけど・・と自分で自分をつっこみながら^^;)

c0186039_2141564.jpg


冷えって
冬だけのものではなくて
いちねんの間ずっと。

冷えは万病の大敵であること
冷えるとこころにもよくないこと

もちろん服装だけではなくて
暮らしのあちこちで
冷えとりの生活がだいじで

半身浴
湯たんぽ
からだをあたためる食べ物のこと
そのほかにも
うなずくところがたくさんありました。

この本では
基本の重ね履き4枚靴下をおすすめしていました。
肌に触れるところから順番に
絹の5本指靴下、綿の5本指靴下、絹の丸指靴下、綿の丸指靴下(最後は化繊でもいい)

スパッツ(レギンス)も
2枚重ね。
(こっちも肌にふれるところから絹素材、綿素材)となっていました。

この本には
靴下ならなんでもいいわけではなく
絹素材が体の毒素をだして吸収してくれるんですって。

しかしながら
現在わたしはあるもので^^;
(けっこうお値段がはるんです・・・だけど近々かならず買う宣言。)

イエのたんすに眠っている
普通の靴下(丸指)を4枚重ね
スパッツも2枚重ね
レッグウォーマーをつけて

本に出て来る冷えとり初心者の方たちの
季節のおしゃれな重ね着スタイルも
とっても参考になりました。
みんなとってもかわいいのです~^^

10代とか20代のとき
母に「そんな薄着して~」とよくいわれたものでしたが
薄着こそおしゃれだと思っていた当時

いまは
お若い方から
冷えとりをしておしゃれに健康に目を向ける。
素敵^^
勉強させていただきました。

生きてきた年数が長いからってことではなく
ひとは誰からでもなにかを学べる
のではないかなと思います。

そんなふうに
気持ちをやわらかくしておきたい

meguは
ただいま「冷えとりガール」です^^
[PR]
by ekobaco | 2010-11-17 10:15 | 「暮らしのなか」の箱

ひとり会議。

c0186039_11361446.jpg


2010年10月11日

お仕事以外は
車での運転をなるべくひかえています。

きょうの前半は
近い場所だったので
ひさしぶりに
電車で。
歩いて。

いつも
車でとおる道は
運転しているときは
すこし先の道しかみえていないものだけど

電車の窓からながめると
あっ、この道いつもの道だなって見ていると
ふだんはみえない景色が見えてきて。

遠くから
全体がみえました。

いろいろなことを
すこし遠目からみるって
ひつようなことだなぁ~

自分のことも
誰かのことも

自分と仕事との関係も
自分と誰かとの関係も


といいながら
あのとき
このときで
また変わってくることもあるし。

前と今
今とこの先でも変わってくるだろうし。

自分の位置を
きちんと知ることってたいせつで必要なことだなぁ。

いつでも
じぶんにまっすぐでいたいなぁ。

って
時間のあるときは
いつも
「ひとり会議」しています^^
[PR]
by ekobaco | 2010-10-11 22:13 | 「暮らしのなか」の箱

いい距離で。

c0186039_2217492.jpg


2010年8月16日

人と人には
いい距離が必要だと思うのです。


たとえば

出会って
言葉をかわして
話をして

友達になって

特別になって

だけど
年月がすぎて
特別な関係でいられなくなったとき

きっぱり
いままでの縁を切るのではなくて

あたらしい距離で
いい関係を築けるような
人と人になっていきたい。

その人とのいままでの関係
その人とのこれからの関係

すべてを「過去のもの」にするのではなく
すべてを「今のもの」に。

そんなふうなかかわり方をしていきたい。

いまも
これからも。

たいせつなひとであればあるほど
そんなふうに思うのです。

ずっと「普通のひと」で
ずっと「特別なひと」で。


この先
わたしもそんなふうにおもわれるような人になっていきたいです。
[PR]
by ekobaco | 2010-08-16 22:35 | 「暮らしのなか」の箱
c0186039_19482391.jpg


2010年7月24日

「ひとりでかんがえてきめる」

「できることはぜんぶじぶんで」

そんなかんじでやってきたわたし。

たまには
お願いすること
おまかせしてみること
エスコートしてもらうこと

こんなに楽しくてうれしいことだったんだな。

いままで
このひとたちのことを
知ってるって思っていたけど

さらに
よく知ることができた日。

そして
まえより距離がちぢまった日。


お互いにないものがあるから
夫婦になるようにできてるのかな。


そして
お互いにないものがなにかをわかっていて
補い合おうとしてるから
いい夫婦になっていくのかな。

c0186039_200371.jpg


このネコのように
いつも明るく笑っている彼女と

このネコのそばに
いつもいたい
おばちゃんのような彼

ふたりからいっぱい学べた日。

チアキさん
とおるさん

ありがとう^^
[PR]
by ekobaco | 2010-07-24 20:11 | 「暮らしのなか」の箱
c0186039_18432684.jpg


2010年7月19日

きのうの
葛城市納凉花火大会。

とっておきの特等席で
いったい何人といっしょにみたのだろう。


食べて
飲んで
笑って
怒って
酔っ払って
寝転んで
トイレにこもって
小石をなげて

ずいぶん昔
学生時代のサークル仲間で
こんなふうにはしゃいでいた頃のことを思い出したな~^^


そして次の日
目覚めすっきり。
とってもきれいな朝日をみて
さらに気持ちがすっきり。

やっぱり
自然の美しさにはかなわないな~。


じぶんのなかの
じめっとした感じが
すっかりなくなっていて。

またがんばるぞ~って力が内からこみあげてくるのがわかります。

わたしも
からっと「梅雨明け」したかのようです^^



+meguのひとりごと+

花火

夏の夜
ほんの一瞬だけの美しさに
たくさんの人が魅せられる。

たくさんの人が
見逃さないようにって空をみあげる。

その瞬間をたいせつに。

その瞬間おもうことをたいせつに。

その瞬間のにこちゃん花火。

夜空からみんなにほほえんでくれているかのようでした^^
[PR]
by ekobaco | 2010-07-19 18:34 | 「暮らしのなか」の箱

じぶんをつくるもの。

2010年6月22日

みんなおなじ1日

みんなおなじ24時間

そんななかで

じぶんをつくっているのは

だれと

どこで

なにをして

どんなことをひらめき

なにを想いながら

どれを選ぶのか。

今決めていくことがこれから先のじぶんにつながっていく。


ものさしの尺度はひとそれぞれで。

だからおもしろい。


きょうのわたしは

c0186039_20322367.jpg


c0186039_20345814.jpg


c0186039_20343868.jpg

[PR]
by ekobaco | 2010-06-22 20:40 | 「暮らしのなか」の箱

母と娘。

c0186039_21594485.jpg


2010年5月14日

すこし遅くなってしまった
「母の日」にと

ひさしぶりにふたりでドライブ。

ごはんをたべて
「おうち」のとびらをあけて
「おうち」でケーキと珈琲をたべて。

この春から
婦人部の会長さんになったという母。

週2回
朝に小学生の通学路で交通安全をする
「みどりのおばさん」をしている母。

お年寄りの方があつまる
憩いの場所のお手伝いをする母。

おじいちゃんにモテモテの母。

ますます貫禄がでてきた
はちきれんばかりの体型の母。

次々に変わる話題。

「今、この話の途中なのではないですか」
「それ、ついさっき終わった話ですよ」

そんなわたしの心の声は届くはずもなく

話に圧倒されて
ひたすら聞いていることしかできない娘。


だけど
楽しかったと言って明るく帰っていく母を見送り

元気でよかったと
うれしくなったと同時に

30年後に
あんなおばあちゃんになるのかなと
少々不安でもあった娘なのでした^^;
[PR]
by ekobaco | 2010-05-14 21:59 | 「暮らしのなか」の箱

じぶんに。

c0186039_9395663.jpg



c0186039_9401724.jpg



じぶんにごほうびを。

ならまちの「風のすみか」さんで。

この靴はここでしか手に入らない。

そして
この靴は
年月を経て
「じぶんだけの靴」になる。

入荷を待って
やっとわたしの元にやってきた。

わたしだけの
「NAOTO(ナオト)」
[PR]
by ekobaco | 2010-04-15 09:56 | 「暮らしのなか」の箱

ふたつの卒業発表展。

2010年3月26日。

今日見に行った
ナナツモリさんの写真教室「とびら」で
29日までおこなわれている
第3期生の生徒さんのみなさんの卒業制作発表展
「みんなのうちゅう」展。


先日見に行った
植物屋 風草木さんで
4月3日までおこなわれている
「ななつみち」の生徒さんのみなさんの卒業制作発表展。

じつはわたし
ナナツモリさんが「ナナツモリ」さんになる前の
生徒1期生のひとりで

「ななつみち」の初代生徒のひとりなんです。

じぶんが生徒だった頃のことが
よみがえってきました。


ふたつの写真展。

生徒のみなさんのそれぞれのアツイ気持ちと
生徒のみなさんのそれぞれの表現方法と
ふたつのお店での見せ方と
ふたりのせんせいと

ここ数日
じぶんの写真はどうなんだろうって
問いかけるいい機会をいただきました。


ナナツモリさんでは
29日月曜日まで。
わたしは夜カフェ時間にゆっくりとみてきました。
夜のナナツモリさんと写真。

風草木さんでは
4月3日土曜日まで。
植物たちと写真。


なつかしくて
たのしい
ふたつの場所での
ふたつの卒業発表展めぐりなのでした。


写真を撮るってやっぱり素敵です。
[PR]
by ekobaco | 2010-03-26 23:54 | 「暮らしのなか」の箱

誰か。

c0186039_029175.jpg


2010年1月6日

すでにじぶんのなかで答えがきまっているのだけど
その答えを再確認したいために
誰かに相談していること・・ありませんか。

誰かとおなじ意見だってことで
すくわれることもあるし
背中をおしてもらえること・・・たくさんあります。

だいじなことは
「誰か」って誰なのかってこと。

性別
年齢
職業

そんなことはきっとどうでもいいんですよね。
[PR]
by ekobaco | 2010-01-06 23:56 | 「暮らしのなか」の箱